« 旧前田利為邸(旧前田侯爵邸) | メイン | 尊経閣文庫 »

旧前田利為邸・旧前田侯爵邸 メモ

Meguro_maeda90○旧前田侯爵家駒田本邸・旧前田家本邸(洋館)
 目黒区駒場4-3-55・目黒区立駒場公園、洋館は耐震工事中

洋館 の画像を検索 )

Maedakomaba05 加賀前田家十六代当主前田利為本邸として昭和四年竣工。 前田家は本郷富士見町に屋敷があったが、関東大震災後に駒場東大農学部と土地交換して駒場に移転した。

☆序列は概ね、大公・公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵。

Maedakomaba06

Meguro_maeda21

Meguro_maeda92

Meguro_maeda93

Meguro_maeda94

Maeda31

Maeda32


Meguro_maeda01 旧前田家本邸は、旧加賀藩主前田家の本邸である。 十六代当主の侯爵前田利為が大正十五年に本郷から駒場への本邸移転を決定し、昭和四年に洋館・同五年に和館が竣工した。 基本計画は塚本靖で、設計は洋館を高橋貞太郎・和館を佐々木岩次郎・茶室を木村清兵衛が担当した。 洋館は英国風の重厚な意匠でまとめられ、家政の諸室も取り込んで、洋館だけで日常の生活が完結する。 留学や駐在武官としてヨーロッパでの生活が長い利為の希望を反映している。 和館は、外国賓客に日本文化を伝える目的で建設された迎賓施設に特化した近代和風建築である。 旧前田家本邸は、旧大名家が建設した和洋2館からなる住宅建築で、昭和初期における貴顕の生活像が表現された建物として高い価値が認められる。 

○旧前田家本邸 正門及び塀
 昭和/1929
 正門 鉄筋コンクリート造、門柱間6.2m、西方脇門付 塀 鉄筋コンクリート造、延長29.6m

○旧前田家本邸 門衛所
 昭和/1929
 鉄筋コンクリート造、建築面積28.32㎡、寄棟造北端尖塔形、銅板葺、西方塀附属

○旧前田家本邸 和館門及び塀
 昭和/1930
 和館門 一間薬医門、唐破風造、銅板葺 塀 木造、東方延長18.2m、西方延長32.7m、西面潜門付、桟瓦葺

○旧前田家本邸 和館
 昭和/1930
 木造、建築面積355.47㎡、二階建、宝形造及び入母屋造、桟瓦葺及び銅板葺

○旧前田家本邸 和館渡廊下
 昭和/1930
 木造、建築面積21.91㎡、招造、桟瓦葺及び銅板葺

○旧前田家本邸 茶室待合
 昭和/1930
 木造、建築面積6.23㎡、切妻造、銅板葺

○旧前田家本邸 洋館
 昭和/1929
 鉄筋コンクリート造、建築面積978.25㎡、二階建、地下一階、寄棟造、塔屋三所付、銅板葺

○旧前田家本邸 洋館渡廊下 関東
 東京都
 昭和/1930
 鉄筋コンクリート造、建築面積40.45㎡、一階建、地下一階、切妻造及び宝形造

Maeda_m40

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ内を検索できます

  • Google

約30,000枚の画像があります

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • 桟橋
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION