« イセ食品 | メイン | 雪印食べるコーヒー »

山本海苔店

Yamamotonori☆山本海苔店・中央区日本橋室町1-6-3

 嘉永二年山本徳治郎が日本橋室町に「山本海苔店」創業。 二代目徳治郎が明治天皇京都行幸の折り御所への土産献上品として「味付海苔」を納め、後に宮内庁御用達となった。

※味付海苔は、ブリキ缶に入れられ市販された。
※梅も海苔も共に香りを尊ぶことから、山本徳治郎が「梅」を商標とした。

Chuo_yamamotoc


Morse_nori1

Morse_nori2

Morse_nori

Shinagawanori21○品川海苔
 

☆味付海苔
 明治二十一年三月、日本橋海苔問屋二代目山本徳次郎が考案した。

☆浅草海苔
 江戸時代初期、田中四郎左衛門が葛西中川の海辺で拾った海草を炙って食べたのが、始まりともいわれる。 その後、隅田川から離れた品川・大森・六郷などで採るものも浅草海苔とよぶようになった。

☆山本海苔店
 嘉永二年、山本徳治が日本橋室町に「山本海苔店」創業。 二代目が「味附海苔」考案し明治天皇京都行幸の土産物に献上し、宮内庁御用達となる。 一方、庶民向けに廉価での販売もし「買いやすい店」と評判になった。
※天明七年には「海苔巻き」が考案されていたらしい。

☆山形屋
 明和元年京橋にて創業。

☆山本山
 元禄三年四月初代山本嘉兵衛が江戸に開店し茶・紙類を商う、1947年海苔販売開始。

☆浅草海苔
 江戸時代初期、東京湾の奥浅草川で穫れた海苔を浅草寺門前市で売っていた。 その後地形が変化し、海苔が穫れなくなった。 代わって品川・大森で海苔を穫るようになったが、浅草海苔として名前が残った。
※享保・延享年間、紙すきをヒントに現在の海苔の形となった。 それまでは、海苔のかたまりを手で押し広げただけだったらしい。
※江戸湾、海苔を付着させるため海中に立てた竹や木の枝を「ヒビ」とよんだので、日比谷入江。

☆焼き海苔
 江戸時代初期、海苔の養殖が始まり干し海苔が作られるようになったといわれる。 明治十年、山縣屋が第一回内国勧業博覧会に「貯海苔(焼き海苔)」出品、味塩海苔(味付け海苔)というのもあった。


☆浅草海苔
 慶長年間には浅草辺で海苔が穫れなくなり、代わって品川・大森・羽田で海苔がつくられ、葛西(東西宇喜田村)でも海苔がつくられ浅草で売られた。
※乾海苔葬儀用祈念碑・東葛西4-38-9(真蔵院)、乾海苔創業記念碑・北葛西4-24-6(稲荷神社)


Asakusanori91浅草海苔

Nenkan_yamagataya

Shinagawanoric☆品川海苔

Oomorinori1☆荒藺海苔(浅草海苔・大森海苔)

Oomorinori2☆荒藺海苔(浅草海苔・大森海苔)

Asakusanori61☆浅草海苔

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION