« 牛蒡坂 | メイン | 十条富士神社 »

たまだれ

Tamadare_eitaro○玉だれ
 榮太樓總本鋪・中央区日本橋1-2-5

Eitaro_kintsuba

Eitaro_meijic

横線540

☆榮太樓總本舗
 文政元年に飯能・細田徳兵衛が九段下に井筒屋開店(屋台)、拳煎餅(瓦煎餅)を売り出した。
 安政四年四月二十九日に日本橋に榮太樓總本舗創業、三代目細田安兵衛(栄太郎)が日本橋に和菓子店を構えた。 大福やきんつばが好評で、客達が「栄太郎」とよぶので店名を「榮太樓」とした。
 梅ぼ志飴は有平糖の製法で作られ、棒状に伸ばした飴を鋏で切り・成形して売っていた。 その色・形が梅干しに似ていたので「梅ぼ志飴」となった。
※安太郎(後の初代安兵衛)と安五郎は、細田徳兵衛の孫
※日本橋本店の御影石は安政四年の敷石らしい。(真鍮製の目地は当時の店の大きさ)


☆榮太樓總本鋪
 三代目細田安兵衛(榮太郎)が白木屋前伴傳兵衛の軒先に屋台を出し菓子・金鍔を売った。 その後日本橋西河岸町に店を出し「井筒屋」から「榮太楼」と改称。
※栄太郎屋台の隣は森村市左衛門の屋台(後のノリタケ)だったといわれる。
※米粉で作られたものが銀鍔。
※店の看板は高橋泥舟筆だった。(現存しない)
※井筒屋初代細田安兵衛が金鍔で儲けた金で作ったのが「梅ぼ志飴」。


☆甘納豆
 幕末の江戸、三代目細田安兵衛が「甘名納豆」を創製した。 当初は日本橋河岸で屋台売り(金鍔・きんつば)だったが、安政四年店を構え・屋号を井筒屋から榮太樓に改称した。
※安政五年、榮太楼初代細田安兵衛が日本橋にて、「金時ささげ(埼玉産)」で作った菓子が浜納豆に似ているので「甘納豆」と名付けた。


☆きんつば・銀鍔
 江戸時代前期、京都清水坂で米粉生地で餡を包んだ銀鍔を売り出した。(刀の鍔の形だった)  これに対し江戸では、小麦粉で餡を包み金鍔として売り出し、後に角形の「きんつば(みめより)」となった。
※江戸時代、刀鍔師が大名に金無垢の鍔を頼まれ、外は金・中は鉛の鍔を納めた。 しかしこれがバレて打首になった。 これが菓子「金つば」の始まりというのが、榮太樓總本舗説。


☆榮太楼
 お品書きは、甘名納糖・玉簾・梅干・水羊羹・練羊羹・挽茶入松葉羹・旭羹・金玉糖・小倉羹・蒸羊羹・栗羊羹、など。
 店舗は、坂本町・蠣殻町・芝神明・三田同朋町・浅草須賀町・青山宮益坂上(出張店)、など。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION