« 岩槻藩に不審船漂着 | メイン | 東漸寺 »

玉林院

Urawa_gyorin5○玉林院跡・さいたま市緑区中尾緑島にあった
 現あかつき幼稚園・さいたま市緑区中尾2342

 足立百不動尊第一番、明治十七年廃寺。  その後、玉林院資料は中尾家から饗庭家へ移り、1991年浦和市立郷土博物館に寄託された。

Urawa_gyokurinji22c 小堂の中に残った石碑二基は浦和市立郷土博物館へ寄託された。

Urawa_gyorin1 緑区中尾付近には、幕末まで「玉林院」というお寺がありました。 玉林院は、足立郡南部一帯の修験道の寺院を統括した大寺でした。 明治維新後の廃仏毀釈で廃寺となりましたが、この玉林院の跡に残されていた石碑のうち二基が、浦和博物館の前庭に並んで保存されています。

 右側の背の高い石碑には、行書体で「足立第一番大聖不動尊」と彫られています。 つくられたのは幕末の文久元年です。 江戸時代の後半には、庶民の間で札所巡り・霊場巡りなどが流行し、各地の社寺をめぐるさまざまなコースがつくられました。 足立郡の百か所の不動尊をめぐる「足立百不動尊」もその一つで、玉林院は第一番目のお寺だったのです。 多くの人々がこの石碑を目印に、名所めぐりを楽しんだことでしょう。

 左側の、上半分に不動明王像の彫られた石碑には、「奉造立長日護摩供五千座供養」の文字が見られます。安永八年につくられたこの像は、小告野元仁という人が、子の延命供養のために、五千回分もの護摩供養を奉納したことを記念してつくられたものです。

Urawa_gyorin3 延暦九年僧黒珍開山、中世には下足立三十三郷の年行事職を安堵され、天正十九年徳川家康より寺領十五石を中尾郷内寄進され、江戸時代には配下三十一寺。 足立百不動尊一番であったが、明治七年廃寺、寺宝・文書の多くは散逸した。(一部は大善院に伝来・浦和博物館にも寄託)

※明音院(子院・下寺、玉林院が上寺)は地蔵堂、西林院は記念碑がある。
※玉林院朱印地堂舎絵図

横線540

Urawa_gyokurinji21

○玉林院朱印地境内堂社絵図及び古書写
 絵図は寛政十二年の写し。 縦55.2cm・横120.5cm。 明治七年廃寺となった修験の寺玉林院の様子を伝える。


☆新編武蔵風土記稿
本山修験聖護院末中尾山と號す 黒珍といえる僧延暦九年開きしよしとも定かならず
当寺古へは玉林坊といへて古文書にも見えたり
本尊は神變大菩薩にて長二尺許自作と云 御朱印十五石を附せらる 其文書數通左にのす
されど徳林坊又十玉坊など云るへ贈りしもあり こは當院のものには非るべし
ここに蔵せし所以はしらず。

横線540

Gyokuriji8c☆木造役行者及び二鬼像
 大善院・浦和区東仲町9-8
 江戸時代中頃。 玉林院(現廃絶)旧蔵。 
 役行者:寄木造・玉眼・彩色・高35.6cm。
 二鬼像:一木造・彫眼・彩色。

Gyokuriji7☆銅製鍍金八角釣燈籠
 (さいたま市立浦和博物館寄託)
 室町時代。 玉林院旧蔵。 高さ38.0cm。「熊野山新宮 神之蔵」・「針井長吉」・「永禄十年八月」銘。

横線540

足立百不動尊札所

○第一番、  玉林院・さいたま市緑区中尾2343
○第二番、  金剛山明音院・さいたま市南区大谷口3025
○第三番、  西林院・さいたま市南区大谷口3133
○第四番、  吉祥寺・さいたま市緑区中尾1410
○第五番、  三光院・さいたま市緑区東浦和8-10
○第六番、  玉泉院・さいたま市緑区大間木296
○第七番、  金剛寺・さいたま市緑区中尾238
○第八番、  光善院・さいたま市浦和区元町1-231-1
○第九番、  観音寺・さいたま市浦和区北浦和3-15-22
○第十番、  観音寺・さいたま市大宮区高鼻町2-262
○第十一番、 景元寺・さいたま市大宮区北袋町2-379
○第十二番、 正福寺・さいたま市浦和区上木崎7-19-1
○第十三番、 長覺院・さいたま市浦和区領家4-20-3
○第十四番、 東泉寺・さいたま市浦和区瀬ヶ崎2-15-3
○第十五番、 不動堂・さいたま市緑区三室601-3
○第十六番、 東漸寺・さいたま市緑区馬場1-3-2
○第十七番、 文殊寺・さいたま市緑区三室1956
○第十八番、 不動堂・さいたま市緑区芝原2-1-6
○第十九番、 清泰寺・さいたま市緑区東浦和5-18-9
○第二十番、 不動堂・さいたま市緑区大間木1906
○第二十一番、薬王寺・川口市木曽呂934
○第二十二番、西光院・川口市戸塚2-6-29
○第二十三番、辯天坊・川口市東川口5-21-19
○第二十四番、延壽院・川口市東川口1-10-15
○第二十五番、真乘院・川口市石神12653
○第二十六番、寶泉寺・川口市神戸303-3
○第二十七番、長源寺・川口市道合1221
○第二十八番、多寶院・川口市荒井宿157
○第二十九番、地蔵院・川口市桜町5-5-39
○第三十番、 神明院・川口市安行領家377
○第三十一番、寶厳院・川口市安行慈林954
○第三十二番、源性寺・川口市鳩ヶ谷本町3-7-8
○第三十三番、薬林寺・川口市朝日1-4-33
○第三十四番、東明院・川口市船戸1-29
○第三十五番、最勝院・川口市飯塚1-15-24
○第三十六番、観音寺・観音寺東京都北区浮間4-9-2
○第三十七番、大教院・北区浮間4-9-2
○第三十八番、大光寺・川口市南町1-6-2
○第三十九番、東福院・川口市西川口5-15-12
○第四十番、 正覺院・戸田市中町2-14-3
○第四十一番、亀寶山多福院・戸田市本町3-4-3
○第四十二番、金剛院・戸田市氷川町2-11-11
○第四十三番、真福寺・戸田市笹目1-12
○第四十四番、慈眼寺・戸田市笹目5-12-11
○第四十五番、圓通通寺・戸田市笹目美女木7-4-2
○第四十六番、一乗院・さいたま市南区内谷3-7-13
○第四十七番、西蔵寺・さいたま市南区内谷4-2
○第四十八番、観音寺・さいたま市南区四谷3-7-34
○第四十九番、如意輪寺・さいたま市桜区田島3-28-19
○第五十番、 薬王院・さいたま市桜区田島5-15-5
○第五十一番、真光寺・さいたま市桜区新開1-6-35
○第五十二番、金剛寺・さいたま市桜区道場3-15-3
○第五十三番、蓮乘寺・さいたま市桜区栄和6-11-16
○第五十四番、光明寺・さいたま市桜区町谷3-11-18
○第五十五番、花蔵寺・さいたま市桜区南元宿1-13
○第五十六番、萬行寺・さいたま市桜区中島4-4-21
○第五十七番、神明寺・さいたま市桜区塚本246-1
○第五十八番、大泉寺・さいたま市西区島根634
○第五十九番、林光寺・さいたま市西区植田谷本504
○第六十番、 東覺院・さいたま市桜区神田726
○第六十一番、三光寺・さいたま市中央区上峰4-7-28
○第六十二番、圓乗院・さいたま市中央区本町西1-13-10
○第六十三番、明王院・さいたま市中央区鈴谷8-4
○第六十四番、不動堂・さいたま市桜区西堀10-4
○第六十五番、法性寺・さいたま市中央区大戸3-13-3
○第六十六番、醫王寺・さいたま市桜区西堀2-6-17
○第六十七番、不動堂・さいたま市南区鹿手袋6-5-10
○第六十八番、遍照院・さいたま市南区沼影1-6-29
○第六十九番、真福寺・さいたま市南区別所2-5-14
○第七十番、 玉蔵院・さいたま市浦和区仲町2-13-22
○第七十一番、不動堂・さいたま市浦和区常磐1-4-23
○第七十二番、福壽寺・さいたま市浦和区岸町3-13
○第七十三番、醫王寺・さいたま市南区白幡2-16-8
○第七十四番、寶性寺・さいたま市南区本町2-13-4
○第七十五番、不動堂・さいたま市南区文蔵4-7-5
○第七十六番、玉泉院・さいたま市南区根岸4-2-7
○第七十七番、和光院・さいたま市南区辻3-11-6
○第七十八番、吉祥院・さいたま市南区辻2-3-9
○第七十九番、東光寺・蕨市錦町6-5
○第八十番、 成就院・蕨市北町3-2-4
○第八十一番、真光寺・川口市芝6296
○第八十二番、神宮寺・川口市芝6880
○第八十三番、慈星院・川口市芝5222
○第八十四番、大行院・川口市芝高木1-14-27
○第八十五番、不動堂・川口市芝下3-35-2
○第八十六番、稲荷山定正寺・蕨市塚越3-2-14
○第八十七番、龍泉寺・川口市青木5-5-36
○第八十八番、般若院・川口市青木5-18
○第八十九番、大学院・川口市青木5-19
○第九十番、 寶林寺・川口市南5-14
○第九十一番、真福寺・川口市辻736
○第九十二番、法福寺・川口市里1577
○第九十三番、明達院・川口市上青木2-27
○第九十四番、観了坊・川口市前川4-30-13
○第九十五番、萬福寺・川口市前川4-30-13
○第九十六番、大光寺・川口市伊刈975
○第九十七番、観音院・川口市柳崎4-11-30
○第九十八番、安樂寺・さいたま市南区大谷2015
○第九十九番、善應院・さいたま市南区広ヶ谷戸320
○第百番、  行弘寺・さいたま市南区太田窪2310

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION