« 川口鋳物 | メイン | NHK川口ラジオ放送所 メモ »

鍋屋・釜屋

Kawaguchi_nabehei3c○鋳物問屋鍋平・鍋屋平五郎商店(嶋崎平五郎)

Nabehei_72_2

Nabehei 天保の改革により江戸十組問屋(鍋釜問屋・関東吹屋仲間)が解散され、鍋釜鋳物が自由に販売できるようになった。 文政年間に島崎平五郎が(文化五年生)、一日に二回鍋を担いで江戸市中まで売りに行った。 二代目平五郎の頃には「鍋平」の名で全国に知られるようになり、鍋平商店~鍋平倉庫の通りは「鍋平横丁」とよばれ賑わった。

※嶋崎平五郎(鍋平)や永瀬八五郎(武蔵屋)は、鋳物師増田安次郎の職人だった。

横線540

Kawa_14増幸商店

※鋳物工場屋号「永□」は永瀬庄吉工場から独立・屋号「増□」は増田工場から独立した工場。

Senrokukamado3c愃六竈
 伊藤仙太郎・伊藤宣六、センロクカマド。

Fukurokustovec福録ストーブ
 第一工場から第三工場まであった。 平成四年度生産停止。

Saitama_nagase1c永瀬庄吉
 それまでの生型鋳造を焼型鋳造に代え大量生産を可能とした。 また、足踏みたたらを蒸気機関とし・後に電動となった。 邸内には発電所があったらしい。

横線540

Kawaguchi_71○旧鋳物問屋鍋平別邸(川口市母子・父子福祉センター)
 川口市金山町15-2

Kawaguchi_72

Kawaguchi_73

Kawaguchi_74

Kawaguchi_75

Kawaguchi_76

Kawaguchi_77a

Kawaguchi_77b

Kawaguchi_78

Kawaguchi_79

横線540

☆川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)主屋
明治/1912頃/1927頃増築 木造2階建、瓦葺、建築面積200㎡
 鋳物問屋嶋崎家の別邸として建設された。数度による増改築により複雑な平面・外観を呈すが,玄関から東半の1階部分が創建当初の箇所である。座敷は床,棚,書院を備えた本格的な構えで,亀甲模様の書院窓や透彫り欄間など,数寄屋風の凝った意匠で飾る。

☆川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)離れ
昭和前/1939 木造平屋建、瓦葺、建築面積82㎡
 主屋の東に増設された平屋建の建物。10畳の座敷の北面に床・棚・書院を備え,その他三方に縁を回らし,北に便所を付属する。座敷回りは輸入された銘木やガラスを多用し,洋式の便所は外観を洋風にまとめ,内部をモザイクタイル等で飾る。

☆川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)蔵
昭和前/1927頃 木造2階建、瓦葺、建築面積29㎡
 主屋の北西に建つ土蔵。米蔵として主屋玄関脇の応接間等とともに増築され,後に内部に床を増設して二層に改めた。2間×3間の小規模な蔵だが,外壁はモルタル塗りに目地を切り石造風に見せ,軒蛇腹,胴蛇腹を付けて外観を整えるなど,丁寧な造りになる。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION