« 雑丹袋 | メイン | 彩湖道満グリーンパーク »

荒川第一調整池・彩湖 メモ

Arakawa_choseichi01_2

Arakawa_choseichi02

Arakawa_choseichi03 ○第一調整池排水門、戸田市笹目

Arakawa_choseichi04

Arakawa_choseichi05

Toda_doman_asaka1○朝霞水門、朝霞市台

Toda_doman_asaka2

横線540

Arakawa_kaisyu1c○荒川河川改修・大正時代
 明治四十三年十月「河川改修計画ニ関スル件」に従い、大正七年第二期として荒川上流部の河川改修工事がはじまった。

 1960年度河川整備がはじまり、1977年3月に荒川貯水池(彩湖)・2004年3月に荒川第一調整地ができた。

Arakawa_kaisyu2c

Arakawa_kaisyu3c

Arakawa_kaisyu4c

横線540

Arakawa_uchimaki1929○内間木村・1929年

Arakawa_onoshinden○大野新田

☆かっぱの金さん(大野新田)
 享保年間大野新田に金平という人が住んでいました。 すぐそばが荒川なので毎日好きな魚捕りをしていましたが、ある日投網の中に「へんな動物」がかかってしまいました。 こわごわ見ると手も足もあり・眼だけが異様に光って、少しばかり毛もあるところから「かっぱだ!」ということになり、びっくりしてしまいました。
 荒川の近くに住んでいても「かっぱ」というものをだれも実際に見たことがなかったので、この話はたちまちひろがってしまいました。 これを聞いたある商売人が、これだけ人気があるのだからお金をとって見せればもうかるぞ!と考え、このかっぱを金さんから買い受けて、まず吹上の観音さまで「見せ物」にしようと、にぎやかに宣伝を始めました。 これがまたすごい人気で、連日おおぜいの人が見物に集まりました。
 あまりにぎやかなので金さんもどんな様子かと、ある日見に行くとなんとおどろいたことに「かんばん」には、金さんの似顔がかっぱのようにかかれているではありませんか。 これにはさすがの金さんもカンカンに怒って、「おれはかっぱは売ったがかんばんは売らぬ」とどなりつけました。 そのとおりなので、その商売人はあやまるばかりだったそうですが、この時の金さんの顔が、またなんと「かんばん」そっくりだったというわけでかえって見物人がふえ、その商売人はたいそうもうかったということです。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION