« 真福寺 | メイン | ボールルーム川口会館 »

シャンクレール

Chante_clair0〇シャンクレール・Chante clair、蕨市中央

 1935年~1938年、オーナー河野静(河野静子)。
 正面テラス下には池、池にはボート、池の周りには灯ろう、踊り子約120人、常連にディックミネ・ピストン堀口・淡谷のり子など、AM1:30まで営業、アルコール飲酒可、テケツ10枚綴りで二円・一枚で一回踊れた。

※写真は、ダンサー・寺川摩耶子(Chante Clair VOL.1NO.2)

☆シャン・クレール
 大正九年三月横浜鶴見・花月園に「花月園舞踏場」開業、その後東京にダンスホールが増えるも1929年「舞踏場取締規則」施行により廃業続出、取締規則のない埼玉県・千葉県に進出した。
 1932年5月28日浦和前地に「フレンドダンスホール」開場、1933年3月31日浦和岸町に「浦和ダンスパレス」開場、1934年4月27日川口寿町に「ボールルーム川口会館(後にバルタバラン)」開場・当時は東洋一の規模だったらしい。
 「フレンドダンスホール」経営者森が川口進出を企てるも用地買収がうまくいかず蕨駅前へ進出、赤坂溜池「フロリダダンスホール」オーナー河野静(花月園・平岡廣高元妻)を共同経営者に迎え1935年3月20日蕨市旭町4737に「シャンクレール」開場、1936年営業全盛期となるも当局の取締りがきびしくなり・従業員の刑事事件も続いたため経営をあきらめ、1937年4月「バルタバラン」経営者富山嘉一郎に譲渡するも1938年1月31日休業。 1939年9月9日「バルタバラン」も休業となり、ダンスホールは消滅した。 その後建物は倉庫として使われたが火災で焼失した。

※新興キネマ「龍涎香」がシャンクレールで撮影されたらしい

横線540

Chanteclair佐藤武夫設計

Book001c

Book002c

Book003c

Book004c

Book005c

Book006c

Warabi_chate5c

Warabi_chante3c

Warabi_chante4c

Warabi_chante5c

Warabi_chate9a

Book007c

Shante_map

Chantekoair2

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION