« 川口五色温泉 | メイン | 石臼稲荷 »

慈林薬師

Jirinyakushi66〇医王山宝厳院 慈林寺、川口市安行慈林954

Jirinyakushi01

Jirinyakushi03

Jirinyakushi62薬師堂
 おびんずるさまは、目の病に霊験ありといわれた。

Jirinyakushi61

Jirinyakushi65不動堂

Jirinfudodo

Jirinyakushi05

Jirinyakushi02☆宝厳院仁王門・江戸時代
 この仁王門は、もとは天平十三年)開創と伝えられる薬師堂の仁王門であったと言われています。 元禄十一年と文政九年の棟札があり、斗栱や虹梁獅子頭・挙鼻の様式などから文政九年の再建と思われます。 江戸時代化政期の手法を残した典型的な八脚門として貴重な建造物です。

Jirinyakushi66

Jirinyakushi67

Jirinyakushi13風神

Jirinyakushi14雷神

Jirinyakushi91a

Jirinyakushimapc

横線540

Jirinyakushi91c☆隠し山・飛び島 (慈林薬師)
 慈林薬師堂が燃えた際、薬師さまが逃げ延びた地といわれる。

☆隠し山については下記伝説もある。
 古く火事で建物が焼け・寺が衰微し、ただ一つ残った寺宝の「金の厨子」を藪に埋めた。 そしては、誰も近づかないようにと「藪に入って出てきた者はいない」と恐話を広めた。 「金の厨子」は見つかっていない。

Jirinyakushiike5c

Jirinyakushi68☆龍灯の池
 その昔聖武天皇の光明皇后が目を患った折、天皇の夢枕に現れた高僧のお告げにより、武蔵の地にある霊池に薬師如来を祀った。 その際、頭に燈明をかざした龍が舞い降りたといわれる。 
 また、この池に棲む鯉などは片目であったともいわれる。


☆慈林の金打塚・かねつ塚
 入定塚があったといわれる。


☆かわらけ地蔵・安行慈林 
 耳の地蔵、供えてあるかわらけを借り・真ん中に空いた小さな穴に息を吹きかけると耳病が治るといわれた。

Jirinyakushi92c

横線540

Jirinyakushi17

Jirinyakushi19慈林神社

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION