« 西新井大師 | メイン | ハコモ »

みみず一風散

Mimizu1○みみず一風散

Mimizu2 みみずエキスは、間脳視床下部の温熱中枢に働いて、解熱作用をあらわします。 その作用はゆるやかですが、体に優しく、確実で持続時間が長いという特徴があります。 また、平熱以下にまで体温を下げることはありません。
 この様な不思議な独特の働きを持つ地竜エキスの解熱有効成分は、地竜のタンパク質中のアミノ酸の一種である、チロヂンの誘導体と考えられ、この物質をルンブロフェブリンと呼んでいます。 ルンブロフェブリンは毒性が少なく、溶血成分を含まず、呼吸・血圧・心臓・腸管に悪影響を与えないという、利点があります。 地竜の優しさの源はまさしくここにあるのです。

※地竜とは、ミミズの腹を裂き体内の内容物を除いて乾燥した生薬。 解熱・利尿薬として用いられる。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION