« 大塚古墳 | メイン | 桜あんづつみ »

岸飛行場跡

Akabanehikouki1c ☆岸飛行場(赤羽飛行機製作所)
 東京都北区、旧志茂1南部~神谷北部~赤羽南部 一帯(詳細不明)

 大正五年築地明石町岸一太が試作機を飛ばそうと開設、風洞から電気溶鋼炉まで併設、陸軍にアルマン六型機四機納入するも数年で閉鎖。

中島飛行機 の画像を検索 )

Kishihikoujyo86

Akabanehikouki2

Kitaku_kishi1

Akabane_tsurugi1第一つるぎ号

Akabane_tsurugi2第二つるぎ号

Akabane_tsurugi3a第三つるぎ号

Akabane_tsurugi3b第三つるぎ号

Akabane_tsurugi5第五つるぎ号

Kitaku_kishi9

横線540

☆赤羽飛行機製作所・岸飛行場
 岸一太(明治七年岡山御津郡大野村生)が築地明石町に耳鼻咽喉科開業、大正六年工業界に転身した。 大正三年ガソリンエンジン研究開始、大正四年明石町に富山工業所開設、大正四年十二月モーリスファルマン1913年型機実地試験、つるぎ号と名付け・大正六年七月二日飛行に成功した。 その後、第六つるぎ号(大正七年陸軍に四機納入)まで開発が続いた。

 大正六年十二月一日赤羽飛行機製作所創業、岩淵町神谷の荒川沿岸五万坪(計画)の用地に製鉄所・鉄工所・木工所・格納庫・溶解炉工場・材料庫・塗装室・乾燥室・研究用風洞・飛行場などを整備し、一貫して製造できる飛行機工場となった。

 大正八年自動車の研究開始・飛行学校開校するも、つるぎ号は旧式となり販路縮小・過剰な設備投資により資金繰り悪化し、大正十年赤羽飛行機製作所閉鎖。 跡地は「飛行機が原」とよばれた。
 
※岸飛行場跡は、旧志茂1南部~神谷北部~赤羽南部一帯ともいわれるが、不明な点も多い。
※つるぎ号のルノー式V型70馬力エンジン製作のため、劔岳池ノ平周辺にモリブブン鉱山を開発した。
※中島知久平が参考にしたといわれる。

Iwabuchimap1

Iwabuchimap2

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION