« 太田胃散 | メイン | コアップガラナ »

八百善

Edo_yaozen☆八百善・浅草
 元禄天正年間、神田福田村の善四郎(~宝永五年)が米を作るかたわら野菜・乾物を売り歩いた。 明暦耐火後浅草新鳥越に移店。  初代屋号は「福田屋善四郎」・後に「八百屋善四郎」、二代目から八百善。 このころ江戸料理茶屋が高級料理茶屋へと変貌した。 寛政年間、四代目全盛期、公儀御用しばしばあり。 その後、休業・消失などあるも、明治九年上野公園に支店(明治十四年閉店)。  大正十二年震災で店焼失後、1927年築地にて開店、戦争により閉店、1951年永田町で再開、その後江戸東京博物館内にも出店した。

Yaozen_kamakura2

Yaozen_kamakura1

Yaozen91○八百善組立絵(立版古)
 「越こし絵」、顧客の土産用紙細工。

Yaozen92

Yaozen61

Yaozen38

Yaozen39

Kokubungaku_yaozen

Yaozentei


☆八百善
 勘定があまりにも高かったともいわれる。 それは、客が帰った後に、使った食器をすべて破棄したからとも。

☆八百善
 主人の栗山善四郎は多趣味であり、俳人・文人のネットワークを使い八百善の名前を高めたといわれる。
※茶漬けを注文したところ、半日待たされ・代金が一両二分の高額だった。 それは多摩川まで良質の水を汲みに行ったといわれる。

☆八百善を茶漬けにする
 「贅沢の限り」の意。


☆料亭山谷の重箱・浅草山谷
 相模国厚木の初代儀兵衛、江戸は千住の鮒新・川魚問屋に住み込み、寛政年間山谷宿重箱地内に鮒重蒲焼店を開いた。 冨を得た初代は、紀州藩家老正井氏の二男を養子とし権力も得たが、二代目になると重箱は衰退の道をたどった。
 当時の蒲焼きは屋台で焼いて皿にのせて売っていたのに対し、三代目儀兵衛は縄暖簾からお座敷に換え・自分で考案した重箱に入れて売ったところ大評判になり・店名も「重箱」となった。
※名物料理は、鯉こく・鯉のあらい・鯰のすっぽん煮・鰻蒲焼・鯰鍋・鮒料理など。
※山谷二名物が、川魚料理重箱と八百善。


Yaomatsu_suijin○八百松
 八百善に修行した小山松五郎が開業、明治三年には向島枕橋に支店開業、これに伴い本店を「水神の八百松」と称した。

Yaomatsu_mukoujima

Yaomatsu81c☆向島枕橋・八百松楼

Yaomatsu62

Fuzokugaho_yaomatsuc

Ajinomoto21

Boston_makurabashi2_2○八百松(八百善の写真は存在しません)

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION