« 宇津救命丸 | メイン | 八百善 »

太田胃散

Ohta_isan☆太田胃散
 株式会社太田胃散・文京区千石2-3-2
 明治十二年太田信義が「雪湖堂の胃散」発売、明治十四年缶入りとし「太田胃散」に改名。

Otaisan41c☆太田胃散
 壬生城主鳥居丹波守家臣谷郡太夫の子源三郎(雪湖・後に太田信義)は、安政二年藩士太田家の家督相続人(太田泰蔵)となり、武道をもって身を立てた。
 文久三年壬生藩から江戸に派遣された泰蔵は儒学者田口文蔵塾に身を寄せ隠密を務め、その後数々の遍歴(多すぎて書ききれない)を経て、明治十一年商道に入った。
 明治十一年四月四十歳にして家族(二男一女)を引き連れ上京・日本橋村松町に住み・兜町米穀仲買商に勤め、その後日本橋呉服町で出版業を始めた。(この時の名は信義)  
 信義が大阪で医者(緒方医師)にかかりその時の処方薬を基に、守田治兵衛の援助を得て明治十二年胃散を発売した。 明治十四年紙包薬「雪湖堂の胃散」発売・同年缶入発売、薬の供給が需要に追いつかない程になり出版業は廃業した。 明治三十年十二月三日没。

※信義は胃弱だったといわれる
※江戸時代の遍歴は「とちぎメディカルヒストリー」参照の事

Otaisan43c

Otaisan45c

Otaisan46c

Kusuri_ohtaisan

Ohtaisan1

Ohtaisan2

Ohtaisan3

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ内を検索できます

  • Google

約33,000枚の画像があります

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION