« 下戸田氷川神社 | メイン | 旧森龍織物 »

旧鳩ヶ谷里郵便局

Kawaguchi_yahagi1☆矢作家住宅・旧鳩ヶ谷里郵便局、川口市里
 主屋:明治初期、郵便局:1940年

 初代矢作喜平が分家後明治十五年紺屋(藍染屋・紺喜)開業、屋敷裏の芝川境橋東詰には里の船着場があった。

Kawaguchi_yahagi2 江戸末期矢作喜平が紺屋(藍染屋)から分家し紺屋を開いた。 明治時代には矢作茂七に次ぐ規模藍染屋となった。 
 屋敷裏の芝川境橋には「里の船着場」があり河川交通の要所でもあった。
 1940年9月、五代目が私財を投じて建設したのが三等郵便局(特定郵便局)。

※江戸時代は藍が栽培され多くの紺屋があったが、明治時代に合成藍が輸入され藍染は衰退した。 最盛期には、まる初・紺喜・紺鉄・紺善(旧川村染工場)・坂の紺屋(紺屋呉服店)・紺孝・稲荷の紺屋・紺吉、などの藍染屋があった。

Kawaguchi_yahagi3

Kawaguchi_yahagi4

Kawaguchi_yahagi7c

Kawaguchi_yahagi8c

Kawaguchi_yahagi9c

横線540

Hatagaya_kawamura1c

Hatagaya_kawamura2c(川村染工場)

 文政八年塚越村高橋新五郎が、機台を改良し・後に双子縞織物を作りだした。
 天保年間鳩ヶ谷に藍染と機械を備えた染織工場が増え、江戸時代末には庶民の需要が増え最盛期をむかえたが、明治三十年頃には化学染料の普及により衰微していった。
 享保年間甚右衛門が江戸で藍染技術を取得し・見沼用水縁に居をかまえた。 その後見沼用水沿いに四軒が分家し、紺善(川村染工場)・紺吉・紺鉄・紺考・紺吉を開業した。 その後、まる初(糸染)・坂の紺屋(紺屋呉服店)・紺屋ができた。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION