« 浄蓮寺 | メイン | 人魚 メモ »

八百姫大明神

Omiya_yaohime2○八百姫大明神
 さいたま市北区植竹町1

※付近に「ビャクニン松」や「八百比丘尼の住居跡」があったらしい。

Omiya_yaohime3[大宮での八百比丘尼 ]
☆八百姫大明神・植竹、古くは大きなビャクニン松があった。
☆慈眼寺・水判土菅野、八百比丘尼の碑がある。
☆観音堂・櫛引、「八百姫の植し二本も限りあれば、名ごり朽さぬ石ぶみぞこれ」と碑がある。
☆二ツ塚・櫛引、旧農業機械化研究所構内。
☆安養寺跡・染谷 、八百比丘尼の安養の処だったともいわれた。
☆他にも、八百比丘尼手植の松で作った臼が民家数件にあるらしい。

横線540

Omiya_shiojizoc○塩地蔵尊・さいたま市大宮区吉敷町1-92-3
 旧中山道から小径を少し入ったところにある「塩地蔵尊」。  江戸時代に、娘2人を連れた浪人が病に倒れた際、夢枕に立った地蔵様が塩断ちをするよう告げた。  娘たちは早速塩断ちをし、地蔵様に祈ったところ父の病が全快した。  そこで、たくさんの塩をこの地蔵様に奉納したと伝えられており、現在も塩が供えられている。  隣には、子育て地蔵尊も祀られている。

Omiya_namidabashic○涙橋・さいたま市大宮区下町2-23
 宅配便屋さんの角を曲がった、細い路地の一角に「涙橋」と刻まれた碑が置かれている。  正式名は「中の橋」というが、昔、吉敷町のまち外れに、罪人の処刑場があり、そこへ送られる罪人が、この橋あたりで親類縁者と涙の別れをしたため、いつの頃からか「涙橋」と呼ばれるようになったという。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION