« カモ井加工紙 | メイン | 寺西化学工業 »

ヤマト

Yamatonorib☆ヤマト・東京都中央区日本橋大伝馬町9-10

 両国薪炭商に婿入りした木内弥吉、炭を小分け袋詰めして販売しようとしたが封止糊が腐り失敗、改良を加え腐らない糊を開発し行商を始めた。
 明治三十二年墨田区に「ヤマト糊本舗」を立ち上げヤマト糊製造販売開始した。
 1948年頃中央区横山町5に移転し「ヤマト糊工業株式会社」に分裂改組、矢的ヤマト糊(1955年認可)となる。 1965年「ヤマト株式会社」に社名変更。
※商売が大当たりするには「矢が的に当たる」、なのでヤマトになった。(現会社の商標が矢が的に当たるヤマト、木内弥吉が作ったのは倭糊→大和糊→ヤマト糊)

Yamatonori37b

Yamatorori36

Yamatorori39

Yamatonoriseizo大正九年

Kiuchishoten1939☆1939年頃本所区東両国1-18に、ヤマト糊製造本舗・合名会社ヤマト糊本舗・合名会社木内商店が存在した。

※その後、木内商店を長谷甚商店が引き継ぎ販売を広げた。

※「ヤマト糊工業株式会社」が「矢が的に当たったヤマト印」を新たに作り商標登録した。

※元祖・本家・暖簾分けなどの関係は判らない。 

Yamato35c☆明治三十年頃木内彌吉が糊の品質改良開始、明治三十三年腐らない糊の工業化に成功・「日本糊」の意味で「倭糊」と名付けて発売した。 明治三十九年「大和糊」に改称し全国に販充網、大正年間「ヤマト糊」に改称した。

※当時の大阪商品陳列所長藤井は、木内彌吉の知人。

Yamato99★大正時代に商標争いが起き、結局最後まで残ったのが「矢が的に当たったヤマト印」を商標登録した後発会社であり、「倭糊・大和糊」とは言えないらしい。 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ内を検索できます

  • Google

約34,000枚の画像があります

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION