« 近代和風建築 メモ | メイン | 鳩ヶ谷うなぎ »

萩日吉神社

Hagihiyoshi0○萩日吉神社(山王社)
 ときがわ町西平1198、0493-67-0848

Hagihiyoshi1☆児持杉
 萩日吉神社の鳥居の横に、ひときわ高くそびえる。 男杉と女杉が合体した、この木を拝むと子宝に恵まれると言い伝えられている。  推定樹齢八百年、幹周り男杉9.35m・女杉7.15m、樹高40m

Hagihiyoshi2

Hagihiyoshi3

Hagihiyoshi5

Hagihiyoshi_ido1神木の御神水

Hagihiyoshi_ido2

Hagihiyoshi_tengu天狗杉

Hagihiyoshi71

Hagihiyoshi_kaya2☆大カヤ
 幹周り6.6m・樹高16mの巨木です。 斜面に沿って26mにわたり枝を張って屹立する姿は、神聖な木として人々に畏敬の念と共に守り伝えられてきたことを伺わせます。 推定樹齢一千年ともいわれ、一説には慈光七木の一つにも数えられています。

横線540

Hagihiyosho09c

070205○奉納猿・納め猿・山王猿
 山王様の使い神である猿にちなんだ故事の一つに「納め猿」・「猿と針」という信仰行事が戦前まで続けられていた。
 「納め猿」は一月十五目に執行される流鏑馬祭りの当日、神社の参道で売られていた。 戦前には流鏑馬祭りの日には露店商・見世物小屋が立ち並び、十万に近い人出でにぎわいをみせていた。 「納め猿」を売る人は神社の近くに住む三~四軒の家にかぎられ、値段は特に決められていなかったようであるが二銭程度で信者に授けられていた。 猿は素朴で単純な形をし、材料き地元でドロノ木・ドロンボーとよぶ木を用い・皮を削り自然乾操させ赤と黒で淡く採色して仕上げたものである。
 別に使い古した縫い針を添えてタナバタ紙で筒状に包み・両端をオヒネリにして求める人に授与する。 求めた人は家庭に持ち帰り神棚に供えてから家族の具合いの悪い所を刺すとなおると信じられ、特に幼児と安産のために効能があったという。 そして望みが成就すると神猿は求めた金額の倍額を添え社頭に納める。 さらに願をかける場合は再び猿を借り、一年後に二倍にしてお返しするのをならわしとしていた。

横線540

☆山王様の石、小石が成長したといわれる。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION