« ボールルーム川口会館 | メイン | 猫橋 »

三和町住宅

Warabi_sanwamap9

〇三和町住宅(蕨住宅)・現蕨市南町2~3
 太平洋戦争により軍需産業が急激に膨張すると、住宅難が深刻な問題となった。 政府はその対策として住宅営団を設立し、空地となっていた三和町(現南町)の土地を買収し・約880戸の営団住宅を建設した。

※碑は住宅敷地をイメージしている

Warabi_sanwa5c

Warabi_sanwa1c

Warabi_mitsuwa1c

Book012c

Book016c_2

Warabi_mitswamap5

Warabi_sanwamap2

Sanwamap8

横線540

 大正九年頃水田地主貫井金次郎らが星製薬株式会社誘致のため約十万坪の土地を売却するも工場建設挫折、1931年土地は公売され深川・木村徳兵衛が取得するも荒地のまま、1937年戸田村が第十二回オリンピック漕艇会場に決定し・ボートコース建設の開削で出た大量の土の捨場となった。

 日中戦争の軍需景気による労働者増加のため1938年厚生省が住宅対策として住宅営団を設立し、蕨穂保作住宅と報国農場を建設することになった。(木村徳兵衛一人の所有地だったので用地買収不要、建造物も無かった)

 1941年蕨穂保作住宅の建設がはじまり、1943年より入居(886戸)が開始され、造兵廠(北区板橋区)・被服廠(北区板橋区)・造兵廠大宮製造所・沖電気(疎開工場)など軍需関連産業官舎・社宅が多かった。(これが後に空爆対象となった)

※土地が穂保作・大荒田・下戸田字後の三地域にまたがっていたので「三和町(さんわ)」と名付けた。
※住宅営団はGHQにより戦争協力機関とみなされ1946年12月25日解散、その後清算機関により土地・建物が払い下げられた。

Book023c

Book022c

Warabi_sanwa3c

Book011c

Book017c

Warabi_sanwamap6

Warabi_houkokuc蕨報国農場

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ記事を検索できます

  • Google

ブログ画像を検索できます

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • Mashu_1fc
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION