« 武蔵国分寺跡 | メイン | 武蔵国分尼寺跡 »

七重塔跡

Kokubunji_nanajyu01○七重塔跡
 国分寺市西元町3-26

の画像を検索 )

Kokubunji_nanajyu05

Kokubunji_nanajyu06 七重塔跡は、金堂・講堂跡から東方200mのところに位置します。 塔は、「金字金光明最勝王経」を安置する国分寺の重要な施設でした。 三間四方の礎石建物で、高さは約60mメートルほどあったと推定されます。 現在、中央にほぞ穴(心柱を受ける穴)がある心礎を含め7個の礎石が残っています。
 国史である「続日本後紀」に、承和二年に七重塔が雷火で焼失し、復旧ができなかったのを、前の男衾郡大領である壬生吉志福正が再興を願い出て許されたと記されています。 発掘調査では、塔が創建期とその後の2回この位置で建てられたことを確認しています。 また、平成15年度の地下レーダー探査により、礎石の残る塔跡(塔跡1)の西方約55mの地点で、もう一つの塔跡(塔跡2)が発見されました。 塔跡2には大規模な地盤固めの跡があるのみで礎石は残っていません。 塔跡2と塔跡1の建て替えとの明確な関係は把握できていません。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ブログ内を検索できます

  • Google

約30,000枚の画像があります

下記のアルバムを見る時は、右クリックから新しいウィンドウを開いてください。

ミニカー

  • Minicar1323a
    [Diecast cars]
    Any question available.
    Please ask in コメント column.

駄菓子

  • Dagashi1870a_2
    10円玉の世界-DAGASHI

めたる

  • Orgel_2b
    銅板・銀板の世界

切符

  • X04
    (製作途中)

昭和の時代

  • Akabane1964
    1960年代 気の向くまま.

北海道の昔

  • 啄木像
    北海道観光 in 1960'

札幌の昔

  • 定山渓
    札幌・定山渓

函館の昔

  • 啄木像
    函館・大沼

青函連絡船

  • 桟橋
    田村丸から十和田丸まで .

浦和の昔

  • Aburaya1952
    浦和周辺

川口の昔

  • Kawaguchi41
    川口周辺

世界の名所

  • World_122

    (WEB 転載)

Nicolai Bergmann

  • Nicolai17a
    Nicolai bergmann
    (BOX ARRANGMENT)
    by ESTNATION